体を温めるために|ちょっとした工夫でもいびきを改善できる【原因を探って対策しよう】
ウーマン

ちょっとした工夫でもいびきを改善できる【原因を探って対策しよう】

体を温めるために

手

入浴と薬に関すること

入浴は美容に良いと言われますが、体を温めるので健康にも良い影響を与えてくれます。近年、入浴が温活の基本と考えられるようになってきました。しかし、最近はシャワーだけで済ませる人が増えています。シャワーだけの入浴では、体の表面を温めることはできますが、芯からは温まらないので注意しましょう。温活のためには冬はもちろん、夏でも湯船にしっかり浸かることが鉄則です。また、ほとんどの化学薬品には体を冷やす作用があります。薬の飲みすぎには気をつけましょう。さらに、食品添加物や保存料や残留農薬などにも注意が必要です。温活を始めようとしている人は、できる限り余計なものが入っていない食材を摂ることを心がけましょう。

朝食は大事と言うが

温活を成功させたければ、食事を改善することが重要になります。三食食べるのは基本で、とくに朝食を抜くのはNGと思うでしょう。しかし、食べすぎは冷えを招きます。なので、朝食は食べたくなければ食べなくてもOKです。ただ、朝食を抜くと頭も体も活動モードに切り替わりません。なので、脳や細胞のエネルギー源である糖を補うようにしましょう。糖と言っても、ケーキなどの甘いものを食べていいと言うわけではないです。果物と野菜を使ったジュースで糖を補給しましょう。生ジュースは温活に大いに役立ってくれます。また、果物と野菜にしょうがや唐辛子など、体を温めるものをプラスするとより効果が高まるでしょう。しょうが紅茶はおすすめです。