男の人

ちょっとした工夫でもいびきを改善できる【原因を探って対策しよう】

寝るだけで体が楽になる

ベッド

モットンは高反発マットレスで、普通のマットレスよりも硬めにできています。それによって背筋がよく伸び、血流が滞る事なく流れるので腰痛の改善に繋がります。また硬いマットレスは自然に寝返りをうちやすくしてくれるので寝ている間に何度も寝返りを打つことによって体圧分散がなされるとうメリットがあります。

View Detail

体を温めるために

手

入浴は温活の基本と言われていますが、シャワーだけでは十分体は温まらないです。夏でも湯船にしっかり浸かるようにしましょう。また、とにかく三食摂ることが大事と言われますが、食べすぎは体の冷えを招きます。無理して食べなくてもOKです。

View Detail

改善するには

男女

手間はかからない

いびきはちょっとした工夫で、劇的に改善することがあります。工夫と言っても、手間がかかることではないです。たとえば、寝る姿勢を仰向けから横向きにするだけで、いびきが消えることが多々あります。最近は、睡眠中にあお向けにならないように姿勢を保つ枕もあるので、そう言うものを積極的に使うのもいいでしょう。また、枕がいびきの原因になることも少なくないです。高すぎると、のどを圧迫していびきをかきやすくなります。楽に鼻呼吸ができる高さに枕を調整しましょう。いびき防止に役立つ抱き枕もあるので、寝具売り場で探してみることです。ちなみに、枕を変えれば睡眠の質もよくなります。健康にも美容にも良い影響を与えてくれるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群かも

いびきと一口に言っても、色々あります。お酒を飲んだときや疲労が蓄積しているときにかく習慣性のいびきは、あまり気にしなくてもいいでしょう。しかし、強弱があって、朝までずっと続きようないびきは注意が必要です。睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。寝ているときの症状を自分で知ることはできないので、寝室をともにする家族に様子を見てもらうのがいいでしょう。あまり知られていませんが、睡眠時無呼吸症候群は放置するとさまざまな合併症を招きます。ですから、積極的に医療機関で治療するようにしましょう。もちろん、生活習慣にも注意する必要があります。太っていることが原因であることが多いので、ダイエットを行うことも大事です。

冷え性の改善には

ウーマン

遠赤外線自体はよく聞いても、どのような効果を持っているのかについて知っている人はあまり多くありません。実は体の治療に使用したり、料理の際に味に深みを出したりすることが可能です。また、使い捨てのものや継続して使えるサポートもあります。

View Detail